menu

Home > 新着のお知らせ一覧 > 早稲田社会科学部の細かい入試攻略法

新着のお知らせ New Information

早稲田社会科学部の細かい入試攻略法

早稲田社会科学部の合格最低点、合格への秘詳細情報

 •まず、社学の入試形態を理解しないといけません。

・3科目130点満点[英語50国語40選択40]

・成績標準化は選択科目のみで行われる

・合格最低点一覧

20年:91.3615年:85.05

19年:85.514年:83.15

18年:82.9513年:78.52

17年:89.5212年:83.1

16年:77.111年:85.9

選択科目標準化型の特徴⇒合格最低点が乱高下しがち。

一番困る質問は、「何点取れば受かりますか?」

合格最低点は83~86の間に来やすい

・選択科目の平均点の在り方次第で標準化にて何点削られるか、増えるかは変化。

・全体平均の数値で合格最低点の高低も相関⇒これは当たり前かも!

 

•合格最低点高騰の理由

① 国語の高すぎる平均点

科目

平均

英語

22.191

国語

30.603

日本史

21.034

世界史

21.812

政経

25.594

数学

11.67

 

 17年科目

平均

英語

22.949

国語

27.9

日本史

18.809

世界史

25.123

政経

19.301

数学

13.768

16年科目

平均

英語

19.430

国語

21.987

日本史

20.457

世界史

23.658

政経

23.961

数学

14.214

 

•倍率について。130点満点に1万人がひしめく。

⇒でもそんなの関係ない!

20年:91.36(11.7)15年:85.05(9.2)

19年:85.5(13.6)14年:83.15(9.5)

18年:82.95(14.5)13年:78.52(10.8)

17年:89.52(12.2)12年:83.1(9.8)

16年:77.1(10.2)11年:85.9(11.1)

もし倍率で受かりにくさ、受かりやすさが決まるなら、倍率と合格最低点の高騰は相関するはず。

⇒でも見ていただくと、最も倍率の厳しい一角である社学でさえこう。全然相関していない。

いわゆる受かりにくさは何で決まるか⇒みんなの出来で決まるんです。

平均が高けりゃ高くなるし、低けりゃ低くなる

で、それは倍率とは相関してない。

倍率高けりゃ~と反論する人⇒これが結果だから!

結論:受験はくじ引きではないという話です。

 

•合格の公式の話(早稲田合格塾の最新分析)

90%合格ライン:英語35点国語32点選択28点⇒素点95

80%合格ライン:英語32点国語32点選択28点⇒素点92

*国語5バツ*英語の平均が22、23点の時に32点以上。

⇒main point / 長い下線部解釈/複数内容一致は1つずつ加点

類推問題の復活/あとは大問1の出来ですね。

92点を1点下回るごとに合格可能性が比良的体感で10%下がっていく感覚です。