menu

HOME > 合格体験記

合格体験記

貞国さん(文学部)(神奈川県) New! 2018年


私が早稲田合格塾に入塾したのは、過去問の出来が自信を持てるほどではなく、このまま本番を迎えるのは……と思い、
手遅れかもと半ば諦めつつ藁にもすがる気持ちで入塾しました。思い返せば、あの時ワセゴーを選択して本当に良かった。





塾の講義はどの科目も本当にわかりやすかったです。
特に英語は文学部の文補充がとても苦手だったので、その講義は重点的に復習しました。
早稲田では文学部と教育学部に合格、その他すべり止めは全勝でした。
私が自分の体験から、受験に大事だなと思うことは、「自分も考える」ということです。
例えば、先生に1週間で過去問を2年分、と言われ、2年分やったら満足してしまうのではなく
そういう時に、「先生には2年って言われたけど、私はもう少し必要だと思う」って考えてより上をみて改良することも、大切だと思います。
先生方の指導はとても的確で、ただの受験生の私には到達できないノウハウもたくさん教えてくださいます。
一方でそこで言われたことをこなすだけの生徒になるのではなく、自分で考えどんどん良くしていくことが、受験だけでなく人生でも必要なことではないかと思います。
そして、同じくらい大切だと感じるのは、塾と先生を100%信頼することです。
ワセゴーの早稲田合格についての知識とノウハウは、本当にすごいです。
全面的に信じて付いて行くことも同じく合格のポイントです。その上での自分なりの改良だからこそでした。
私は受験勉強を通じて、自分なりに何を考えてどう学ぶか、戦略の大切さを感じました。
そして、その手助けを一番最適な形でしてくれたのがワセゴーです。
学校とも予備校とも個別塾とも違う、早稲田合格塾だからできる講義と個別指導で、
ワセゴーの後輩が合格を勝ち取ることを願ってます。

八束くん(社会科学部、文・文構・教育)(大阪府)  New! 2018年

私は高三の夏から早稲田合格塾に入りました。一週間ごとにいただく的確な自習内容の指示や、過去問の添削などがとても役に立ちました。関西では早稲田大学の受験に関する情報が少なく不安でしたが、合格塾のおかげで様々な情報を手に入れることができ、社会科学部をはじめ四つの学部に合格することができました。

中でも過去問の添削は、その年の平均点や得点調整など他の予備校では分からないような細かい情報や、合否の判定などを知ることができ、受験対策に活かせました。
ご指導頂いた比良先生には深く感謝しています。ありがとうございました!


これから入塾される後輩の皆さんに伝えたいのは、月並みですが「復習を必ずする」ということ。入試が近くなると焦ってしまいがちですが、問題を手当たり次第に解くのではなく、どこを間違えてどのような知識や理解が足りなかったかを、咀嚼することが大切です。しっかりと復習の時間を確保し自分のものにしてこそ、意味があると思います。私も受験期間中は先生から指示をこなしつつ、十分な復習時間を確保することを意識しました。

また、ずっと勉強ばかりしていると、辛くなることもあります。そういった時こそ思い切って一休みしましょう。適度な休憩を取ることで、勉強に対するモチベーションを高めることができます。私の場合は、好きな音楽を聴いたり、どうしても見たい映画は映画館に足を運んで、リフレッシュしていました。受験は長期戦です。これから合格を目指す皆さんにもぜひ、メリハリをつけながら勉強に取り組んでいただきたいと思います。

そして、やるべきことを全てやり切ったら、最後は自分を信じましょう。本番の試験で頼ることができるのは、長時間の勉強に耐えたくさんの知識を積み上げてきた自分だけです。プレッシャーに押しつぶされそうになっても、「自分を信じる」ことさえできれば、持っている力を出し切れるはずです。

早稲田合格を目指す、後輩の皆さんの幸運をお祈りしています。

文学部合格  松本さん(栃木県)

早稲田合格塾、比良先生、一年間ありがとうございました。浪人を決めてから入塾しましたが、比良先生の生徒にならずして今年の最高の結果は得られなかったと思います。

プロの講師から早稲田対策を学びたい、けど自主学習を大事にしたい、そんな私にとってこの塾はぴったりでした。



比良先生の早稲田研究は誇張なしに日本一です。私はK塾とのダブルスクールでしたが、各学部の大問別の解法や時間配分をここまで丁寧に詳しく指導してくれる場はほかにありませんでした。

自主学習においても、合格に直結する勉強法や参考書、またその使い方まで教えてもらえました。さらに比良先生は一人一人の学力を把握しているので、私に最適な指導をしてくださいました。通信教育であるのに、添削指導や個別質問に対応してもらえたのも非常に助かりました。


講義はいつでも聞けるので、私は机に向かう気力がない時に勉強モードに入る契機として授業を受けることで時間の無駄遣いをなくしたり、授業プリントは何度でも解けるので気になった問題を後で解き直したりしていました。


自習で身に付けた知識や解法を授業プリントで試し、授業で学んだものを更に問題演習に生かす。プリントは常時復習し、思考回路を先生の解説に近づける。


この黄金サイクルは、数日に一度の勉強内容報告があるため崩れない。これをずっと続けたためか、記述模試偏差値77、 早大プレ全国ベスト10入り、受験は早稲田4学部含む9戦9勝という現役時には考えられない成果を得ることができました。早稲田合格塾に入って本当に良かったです。


早稲田に受かるために限界を超えて努力できるなら、早稲田合格塾は最高の環境に、比良先生は最強のパートナーに、なってくれます。しかしどんな良い塾、良い講師でも、主役である受験生が一生懸命勉強しなければ仕方ありません。早大生になるのは自分だという強い意志を常に持ち続け、それに見合った努力を絶やさなければ、この塾は早稲田への道を必ず切り開いてくれます。

入学してまだ3週間ですが、早稲田はすっごく楽しい大学です。しあわせだ!

政治経済学部合格  山田くん(埼玉県)

僕は高校3年の4月後半から早稲田合格塾に入って勉強を開始しました。

受験勉強自体は高校2年の2学期から始めていました。夏休みに遊びほうけていましたが、周りが受験に意識を向け始めていたことから焦り半分な受験開始でした。
勉強をする習慣がついてきた4月頃、学校の勉強や自分の参考書での学習だけでは限界を感じてネットを見て調べていたら見つけた早稲田合格塾のHPでした。


僕は父親も早稲田大学の出身でその影響で、早稲田大学に子供の頃から行きたい夢を持っていました。ですからどうしても早稲田に行きたい僕にとっては早稲田合格塾の「日本で唯一早稲田対策に特化」というのがとても魅力的でした。

早稲田合格塾に入ってからの勉強は自習カリキュラムと授業が綿密に絡んで、先生方は学んだことを得点に変えるということをとても意識した解法テクニックや暗記法を教えてくださり、また時には心が折れそうな僕を励ましてくれたり、時には厳しく叱ってくれたり、点数が取れるようになったこともメンタル面を支え続けてくれたこともホントに感謝の気持ちでいっぱいです。
早稲田は第一志望の政治経済学部をはじめ、商学部、社会科学部、人間科学部全勝でした。

現役でこの結果はワセゴー(早稲田合格塾)じゃなかったらありえなかったと思います。
学校の先生方も驚いていました(笑)
今回、後輩の皆さんへのメッセージもかねてということで合格体験記のご依頼を受けました。
僕が伝えたいことはひとつだけです。早稲田合格塾での学習内容は早稲田大学研究を日本で最も細かく丁寧に行っているカリキュラムと言って間違いありません。

ですから、先生方をそして自分を信じて頑張ってくださいということです。僕は夏休み後半から秋にかけての頃に一度、成績が偏差値60の手前くらいで2ヶ月近く全く伸びを感じられずにイライラして(今思えば自分に腹が立ちますが)先生に八つ当たりしてしまったことがありました。でも、こういう時こそ受験の神様に試されていると思ってください。明けない夜はありません。じっと我慢して勉強をしないといけない時に自分を前に進めてくれるものは他ならぬ信念です。

苦しい時にもポジティブに頑張ってください。必ずまた成績は上がります。
僕が再び成績の伸びを感じたのは11月上旬でした。その瞬間は突然やってきました。諦めないやつを負かすことはできない!
後輩の皆さんの早稲田合格を心から祈ってます。

法学部合格 城之内さん(東京都)

私は新高校3年生になるときの2月に早稲田合格塾に入塾しました。

1つ上の先輩たちが受験に向かう姿を見て次は自分の代の番だと緊張感を感じてインターネットで検索したことが塾との出会いのきっかけでした。

私が受験する法学部は国語が難しく早稲田では最難関と言われています。



しかし、早稲田合格塾で、早い段階から論理的な読み方や選択肢の切り方、記述の書き方を学んで入試本番では自信を持って解答できました。あとは日本史の講義での選択肢の絞込みや、暗記科目だと思っていた日本史を、日本史の考え方を教えていただき、知ってることをもとに類推で解く解法は早稲田合格塾以外では聞いたことがありませんでした。

現在、法科大学院に向けて勉強中です。

夢の第一歩に手を届かせてくれた早稲田合格塾にはとても感謝しています。

政治経済学部合格 渡辺君(京都府)

今回、比良先生から合格体験記の御依頼を受けまして書く事になりました 渡辺と申します。現在、早稲田大学政治経済学部に所属しています。

自分は2013年入試の塾生で、早稲田合格塾入塾はちょうど現役での受験失敗が確定した2012年3月の中旬でした。
現役の頃は某大手の塾に通っていたのですが、どうしても夏からの勉強開始時の偏差値が50あるかないかという具合で低かったので、うまく受験の波に乗っていくことができませんでした。


案の定、浪人が決まり、今までとは違う形での勉強の必要性を感じていたので、早稲田合格塾への入塾を決めました。
早稲田合格塾で勉強して分かったことは、受験勉強において一番大切なことが勉強のやり方なんだなということでした。
細かい個別指導をしていただいて、常に自分の勉強のペースが受かるペースなのか、勉強内容がいい勉強内容でやれているのかというようなことをチェックしてもらっていたことで、成績がみるみる上がりました。
そうした正しい勉強法に無理なく、早稲田対策を研究した比良先生や政経の上田先生の解法テクニックなどが授業の中で積み重なっていくことで秋の早稲田プレでは全国でも上位の方にランキングすることが出来て自信がつきました。音声講義も受講前はうまく受けられるか分からなかったのですが、受けてみると目線が常に紙に向けていられる音声講義は逆に集中して勉強しやすい授業形態でした。
これから早稲田合格塾に入塾を考えている方、そしてそうでない方にも、正しい勉強のやり方で勉強することを大事にしていただきたいです。それがあっての受験テクニックです。自分は偏差値が低い所からの早稲田受験でしたが本当にそのことを痛感させられました。それを教えてくれた早稲田合格塾の先生方への感謝と後輩の皆さんへのアドバイスを兼ねて今回の合格体験記とさせてください。是非、皆さん、早稲田で会いましょう。
自分はいま、大学では早稲田祭の実行委員をやってみたり、フリーペーパーを作ってみたりと高校まででは出来なかった企画にチャレンジしています。今までとは全く違う世界が大学には広がっているので是非、頑張って受験を乗り越えてください。

社会科学部合格 白川君

比良寛朗先生の授業で早稲田に合格することができました!
英語は他ではやらなくて、1人で勉強しても習得できない早稲田解法のテクニックは入試本番でかなり通用しました!! 自分が進学することになった社学の長 文は、お陰様で満点を取れました。また、自分は国語が苦手でどうやって勉強をしようか悩んでいたところ、解答に至るまでの考え方と正しい自学自習のやり方 を丁寧に比良先生に教えて頂いたので最後の最後で得意教科になりました!今まで本当にありがとうございました!

商学部合格 森君(大阪府)

自分が早稲田合格塾に入ったのは現役の時に受けた明治大学、立教大学の不合格が決まって、悔しさもあり、どうせ浪人するなら現役の時よりも上を目指したいという想いで、同じ高校の友人が早稲田合格塾を受験で利用していて良いと言っていたので、親に頼み、入会しました。



商学部入試は国語が難しく、自分は国語が苦手で、とても苦しめられましたが、いつも個別指導でのメールで励ましていただいたり、コミュニケーションをとってくれていたので、最後まで頑張りぬくことができました。

自学自習コンサルティングで紹介していただいた参考書がどれも抜群にわかりやすかったです。自分だけでは本屋さんの本棚に大量にある参考書の中から選ぶことはできなかったと思います。そして勉強のやり方や過去問のやり方を細かく指導いただいたので、自分は現役の時と比べるとだいぶスムーズに成績が上がりました。現役の時よりも高みに合格することができたので、自分にとっては浪人が今ではとてもいい思い出になりました。

商学部合格 佐藤君

僕は3月から1年間、お世話になったのですが、偏差値40からのスタートでした。
苦手だった国語などは、正しい勉強法を教わり、自学自習で学んだことを講義で活かし、講義で学んだことを自学自習で活かせるように指導していただけたおかげで、最高に効率良く国語の成績を大きく引き上げることができました。本番では8割の得点を出すことができて、国語を武器に合格です。商学部は国語が差のつく勝負所なので、本当に助けられました。比良寛朗先生、1年間ありがとうございました。

人間科学部合格 原田さん

比良寛朗先生、半年間お疲れさまでした\(^ー^)/!
夏に出会ってから私の偏差値を20もぶん上げたのは比良先生です(笑)
結果早稲田合格!!!
よくもまぁあの偏差値の私をセンターでは国語95%。英語も80%越えまで持ち上げ滑り止まらないといわれた大学もセンターで掴み取りその後の一般入試は
明治大学・法政大学・東京女子大(しかも特待生枠で)全勝でした。
因みに10月模試は上記大学どこもほぼE判定でした(笑)
嘘じゃないですよ(笑)こんなに受かるなんて思わなかった。
私の意見では早稲田を受ける勇気がなかったら滑り止め大学もMarchもどこも受からなかったと思います。私が後輩にアドバイスするなら早稲田くらい狙ってやろう!です!(笑)実際高い目標がないと本当に勉強続かないです。
一生に何度も受験なんてできるものじゃありません。
せっかくのチャンス、自分の限界までがんばれる目標をくれた早稲田合格塾と比良寛朗先生には本当に感謝しています。半年間ありがとうございました(´∀`●)!

合格塾の皆様、おめでとうございます!