menu

HOME > 合格への道のり

合格への道のり

合格への道のり

基礎力育成期とは?

このHPをご覧のみなさんは現在、自分の偏差値がなぜ30や40なのかを考えたことがありますか?


それは、皆さんの頭が悪いからでも、日頃の行いが悪いからでもありません。理由はただひとつ。「知らないことが多いから」。これだけの理由です。知らないことが多いから考えることができず、解けない問題だらけなのです。

基礎力育成期では、まず知っていることの量を徹底して増やしていきます。そして基礎問題を扱い、問題が解ける喜びと充実感を味わっていただき、楽しく成績を上げていきます。
この段階を終えると偏差値が50~55。人によっては60に届かないくらいの所にまでたどり着きます。

基礎復習&徹底演習期とは?

この期間の目標は何といっても偏差値60以上を安定させることにあります。


そのために基礎力育成期に行った基礎を徹底して復習すると同時に、偏差値60前後の勉強を行っていきます。これまで頭に入れてきた

基礎力の知識をいかに偏差値60の入試問題にて使うのか。勉強してきたことを使う練習を積み重ねていきましょう。
そしていよいよこの期間中には皆さん憧れの早稲田大学の過去問も少しずつ扱っていきます。

合格力完成期とは?

この期間こそ、我が比良寛朗の早稲田合格塾の最大の見所だと自負しております。

講義では日本で一番細かく、丁寧に早稲田大学の過去問を解説し、「分かる」から「できる」へ。
そして自学自習にても正しい過去問の勉強法で日本一、早稲田大学の過去問を練習していただきます。試験本番にて8割以上の得点を取らせることがこの期間の目標です。


目指すはただの合格ではありません。早稲田受験の真を極める圧倒的な合格です。

3人に1人が合格への極秘のラスト+ α



①過去問への正しい取り組み方

⇒時間配分・難易度・設問特徴と解答アプローチ。本番でやるべきことを全て習得する。


②過去問を扱っての分かりやすい講義

⇒早大入試を研究し尽くした講師陣による演習講義。24時間受講可能です。特に時間のない現役生にはおすすめされたし。


③受験生の「わかる」を「できる」に変える勉強法と教材。

⇒「勉強法・使用教材・計画」この3つをどう組むかで勉強成果が大きく変化します。


④過去15年以内であれば全学部、どの問題でも質問対応可能な完全バックアップ体制


⇒赤本・青本の解説で理解できずとも、当塾講師陣がわかるようにバックアップいたします。サポートは万全。思いっきり過去問に取り組んでください。